性病の診察 | クラミジア感染すると起こる男性の症状

HOME » クラミジアの症状 » 性病の診察

性病の診察

違和感を感じたらすぐに泌尿器科へ

性病はそのまま放置しておいても自然治癒することはなく、たとえば性病の代表格であるクラミジアは性交渉によってのみ感染し、一度潜伏してしまえばそこからいろいろな病気を発症し、自然治癒することはありません。

また、やっかいなことに自覚症状がなかなか出にくいという特徴がありますので、どういう自覚症状が出てくるのかあらかじめ調べておき、少しでも違和感を感じたら泌尿器科を受診して診察を受けるようにしてください。

性交渉によってのみ感染することはよく知られていますから、たとえば以前交際していたパートナーから感染したまま放置していて現在のパートナーと性交渉をして感染させてしまうと、浮気をしたのではないか…と疑われる原因にもなります。

泌尿器科での適切な治療ができればだいたい2週間前後で完治しますので、できるだけ早い治療をすることが重要なポイントと言えるでしょう。

泌尿器科による診察

それではクラミジアに感染してしまった場合、泌尿器科ではどのような診察をするかと言うと、男性であればまずどのような自覚症状があるのか聞かれると思います。

そしてクラミジアにかかっているかもしれない可能性についての話をして、検尿によって尿中PCRをチェックし、判断します。

そこでクラミジアに感染していることが分かれば、抗生物質による治療を進めていきます。

クラミジアによる自覚症状は一般的に排尿痛や残尿感などからスタートしますが、これは尿道に菌が行って感染しているからです。

ただこの段階はまだ初期なので、この時点で抗生物質による治療ができれば完治も早いです。

そこから進むと尿道から前立腺へ行きますので、抗生物質が届きにくくなるため、治療期間が長くなる可能性もあります。

さらに進行していくと精巣のほうへ行き、副睾丸炎を発症してしまうリスクもありますので注意してください。

性病の検査を定期的に行うだけでもそのリスクは回避できますから、パートナーとよく話し合ってお互いに理解を深めておきましょう。

大切なパートナーを守るためにも

クラミジアに感染したら早期に治療することはもちろん、普段から感染しないための努力をしなければなりません。

クラミジアに感染したことで不妊になってしまうリスクもありますし、様々な合併症を引き起こしますから、もし自分が感染していればパートナーとの性交渉によって移してしまいます。

そうならないためにも検査は重要なのです。