クラミジアの症状 についての記事一覧 | クラミジア感染すると起こる男性の症状

HOME » クラミジアの症状

クラミジアの症状

30代のクラミジア発症率。

30代ではどれぐらいの人が発症しているのか

性病の代表的な存在といっても過言ではないのがクラミジアですが、男女ともに20代が最も発症率が高くなっています。

では、30代ではどうなっているのでしょうか。

結果から言うと、20代よりは発症率が下がっているのですが、40代に比べると多くなっています。

男性では20代に次いで多くなっていますが、女性の場合には20代が最も多く、次に10代が多くなっているので、30代女性は3番目に多いのが現状です。

女性の場合には圧倒的に20代が多く発症しており、全体の64パーセントと言われているのに対し、30代は約11パーセントの人がクラミジアになっています。

男性もやはり20代が全体の約54パーセントとなっているのに対して、30代は約20パーセントほどです。

このパーセンテージは平成30年のデータなので、年代によって多少上下することもあるでしょう。

それでも30代は全ての年代と比較をしてもある程度クラミジアの発症率が高いことが分かります。

30代のクラミジア発症率。 の続きを読む

クラミジアは検査で発見

症状が出たと思ったらすぐ検査をする

クラミジアは症状が出にくい性病と言われています。

そのため、気が付いたときにはかなり時間が経過していることも多いですし、相当時間が経過しても気が付かないこともあるでしょう。

気が付いたら早急に検査をして、病気を特定することが重要になります。

そのためにはクラミジアというのはどのような症状が出るのかを知っておく必要があるでしょう。

ここで重要なのは、クラミジアは目に見える形で症状が出るわけではないという点です。

もし何らかの症状が出た場合には、別の病気を併発している可能性が高いでしょう。

クラミジアの特徴は、尿道がかゆくなる、排尿時に痛みが発生する場合が多くなっています。

女性であれば他にも下腹部の痛みや性交を行ったときに痛みが出る、帯下が増える場合や不正出血などが出ることもあるので、比較的発見しやすくなっています。

それに対して男性の場合には、先ほど紹介したような尿道の痛みやかゆみぐらいしか症状が出ませんし、それほど激しく痛みやかゆみが出ることも少ないのです。

そのため、男性は女性以上にクラミジアの発見が遅れる傾向にあると言えるでしょう。

発見が早ければ、薬だけでも治療が行えるので、疑わしい場合にはすぐ検査を受けるべきです。

また、発症するまでには5日後から3週間程度かかるとも言われているので、感染源も特定しにくくなっています。

検査の方法と結果が出るまでの期間

クラミジアの検査は、男性と女性でも異なっているのですが、今回は男性の検査方法について紹介します。

男性の場合、検査方法は大きく分けて2種類になります。

1つめは血液検査なのですが、実は血液検査を行ったとしても、性格にクラミジアの感染を特定することができない場合があるのです。

たとえば以前にもクラミジアを発症している場合、現在では完治していても陽性と診断されることがあります。

クラミジアは検査で発見 の続きを読む

クラミジアは放置するべきでない

クラミジアとは何なのか

クラミジアは若い人を中心に、現在最も多く発生している性病とも言われています。
性病の種類によって、男性が多い場合と女性が多い場合があるのですが、クラミジアに関しては女性の方が男性の2倍多いというデータもあるのです。

年間3万人の人が感染しているとも言われているクラミジアですが、発症するとどのような症状が出るのでしょうか。
また、何が原因で発症するのでしょうか。

クラミジアは性病といわれていることでもわかるように、性交を行うことで感染するのですが、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因で発症します。
しかし、発症してもあまり症状が出ない人もいれば、尿が近くなる、膀胱が痛くなるなどの症状が出ることもあるのです。
クラミジアは放置するべきでない の続きを読む

性病の診察

違和感を感じたらすぐに泌尿器科へ

性病はそのまま放置しておいても自然治癒することはなく、たとえば性病の代表格であるクラミジアは性交渉によってのみ感染し、一度潜伏してしまえばそこからいろいろな病気を発症し、自然治癒することはありません。

また、やっかいなことに自覚症状がなかなか出にくいという特徴がありますので、どういう自覚症状が出てくるのかあらかじめ調べておき、少しでも違和感を感じたら泌尿器科を受診して診察を受けるようにしてください。

性交渉によってのみ感染することはよく知られていますから、たとえば以前交際していたパートナーから感染したまま放置していて現在のパートナーと性交渉をして感染させてしまうと、浮気をしたのではないか…と疑われる原因にもなります。

泌尿器科での適切な治療ができればだいたい2週間前後で完治しますので、できるだけ早い治療をすることが重要なポイントと言えるでしょう。

泌尿器科による診察

それではクラミジアに感染してしまった場合、泌尿器科ではどのような診察をするかと言うと、男性であればまずどのような自覚症状があるのか聞かれると思います。

そしてクラミジアにかかっているかもしれない可能性についての話をして、検尿によって尿中PCRをチェックし、判断します。

そこでクラミジアに感染していることが分かれば、抗生物質による治療を進めていきます。

クラミジアによる自覚症状は一般的に排尿痛や残尿感などからスタートしますが、これは尿道に菌が行って感染しているからです。

ただこの段階はまだ初期なので、この時点で抗生物質による治療ができれば完治も早いです。

そこから進むと尿道から前立腺へ行きますので、抗生物質が届きにくくなるため、治療期間が長くなる可能性もあります。

さらに進行していくと精巣のほうへ行き、副睾丸炎を発症してしまうリスクもありますので注意してください。

性病の検査を定期的に行うだけでもそのリスクは回避できますから、パートナーとよく話し合ってお互いに理解を深めておきましょう。

大切なパートナーを守るためにも

クラミジアに感染したら早期に治療することはもちろん、普段から感染しないための努力をしなければなりません。

クラミジアに感染したことで不妊になってしまうリスクもありますし、様々な合併症を引き起こしますから、もし自分が感染していればパートナーとの性交渉によって移してしまいます。

そうならないためにも検査は重要なのです。

クラミジアで咽頭炎を発症?

クラミジアの怖いところ

クラミジアはよく知られている性感染症のひとつですが、これは放置しておくといろいろな病気を発症するきっかけになるため、普段から注意して生活する必要があります。

日本ではまだまだ性感染症に対する意識が低いところがありますし、実際に病気にかかっているにも関わらず自覚症状がないため、そのまま放置してしまっている人も少なくありません。

たとえば男性の場合、クラミジアの潜伏期間は非常に短く1日~1週間程度だと言われており、そこからまずは尿道へ行き尿道炎を発症します。

その後前立腺炎や副睾丸炎を発症するリスクが高くなるため、早い段階での治療が必要になります。

治療はできるだけ早いほうが当然回復も早くなりますので、少しでも自覚症状を感じたらまず泌尿器科を受診するようにしてください。

代表的な自覚症状としては排尿痛や残尿感、尿道の違和感などです。

クラミジアで咽頭炎を発症? の続きを読む

クラミジアは自覚症状が少ない?

性感染症の代表格であるクラミジア

一般的に性感染症と聞くとまずクラミジアをイメージする人が多いと思いますが、中にはクラミジアに対してあまり深刻に考えていない人もいて、大きな問題に発展してから気付くケースもあるみたいです。
なぜそのようなケースが出てくるかと言うと、クラミジアは性感染症の中でも自覚症状が少ないため、自分がクラミジアに感染しているという感覚が希薄だからではないでしょうか。
裏を返せば自覚症状が出てくるころには取り返しのつかないことになっていることもありますので、できるだけ早い段階で治療していくことが大切ですし、何よりもクラミジアを含む性感染症のリスクをできるだけ少なくする努力をしたほうがいいでしょう。

クラミジアは自覚症状が少ない? の続きを読む

検査の方法

検査の方法

クラミジアなどの性病になったときは治療前にまず性病検査を受けることが多いです。
この検査がどういうものなのか、これは感染が疑われる病気の種類や感染部位によって変わります。
男性の性器でクラミジアや淋病などの感染が疑われる場合、尿検査で調べることが最近多いです。
尿検査ならやったことがある方も多いでしょう。
あの検査で男性の性器クラミジアや性器淋病は調べられるため、それほど負担は重くありませんし、つらい検査にもならないことが多いです。
検査の方法 の続きを読む

細菌の感染

細菌の感染

クラミジアの原因は細菌となるため、もし男性がクラミジアになったと判明したらどこかでその細菌に感染したことになります。
感染したときの症状ですが、性器に感染した場合、排尿時の痛みや違和感、かゆみ、不快感、尿道からの膿などの症状が出ます。
まず排尿時の症状として痛い、違和感がある、かゆみがある、不快感があるなどといった症状が出る場合があります。
普段おしっこをするときに特に異常はなかった方が、あるときから痛みやかゆみといった症状が出始めたら、クラミジアの細菌に感染した可能性があります。
細菌の感染 の続きを読む

性病の症状とは

性病の症状とは

性病に感染したかもしれないと思ったら病院で検査や治療など受けたいところですが、症状を知らないと感染したかどうかも判断しづらいですよね。
もし男性の性器がクラミジアに感染したとしたら、どんな症状が出るのでしょうか?
まず排尿痛が出ることが多いです。
おしっこのときに痛みがあるという症状ですね。
性病に感染する出来事のあとにこの症状が出始めたら、それはクラミジアの感染の可能性を考えてみるといいかもしれません。
排尿時に出る症状は個人差もあるため、痛みではなく違和感や不快感といった症状になる可能性もあります。
性病の症状とは の続きを読む

淋病の感染

淋病の感染

淋病はクラミジアと同じく代表的な性病となっており、性病になったと思って検査すると淋病だったというケースは珍しくありません。
多くの性病と同じく、淋病は性行為などで感染します。
直接の性行為はもちろん、最近ではオーラルセックス、ディープキスなどでうつるといったケースも増えています。
感染するとやがて症状が出ることも多いです。
寝ていれば治る風邪などとは違い、自宅で治療できることの少ない病気となるため、感染後は病院の受診や通院が必要になることが多く、手間がかかりやすい病気となります。
なるべくなら感染したくないところでしょうが、原因は目に見えない菌ですから、気づいたら感染しているという例も多いです。

淋病の症状について

淋病になったらどんな症状が出るのかというと、まず男性の場合ですが、排尿時の痛みや違和感、尿道のかゆみや不快感、尿道からの膿といったものとなります
これら症状はクラミジアとよく似たものとなるのですが、淋病の方が症状の程度が強く、排尿時の痛みがより強かったり、膿が多く出たりといったことがあります。
かなり気になる症状となった場合、それは淋病の可能性があります。
これら症状は男性の方にはつらいものとなりがちですが、症状が出たら寝たきりとなって日常生活が送れないといった症状にはなりません。

だからといって治療をせずにいると症状が悪化することがあります。
淋病の治療が遅れると、原因となっている淋菌が精巣上体という別の部位にまで到達し、そちらで炎症が起きることがあるのです。
そうなると患部の腫れのほか、強い痛みが出て歩けなくなることもあります。
ここまで症状が悪化すると日常生活にも影響が出ますから、早めに治療することが大事です。

なお、淋病は女性も感染する病気ですが、このときはあまり症状が出ないことも珍しくありません。
症状が出たとしてもおりものの増加、軽い不正出血などとなるため、気づきにくい病気となっています。
だからといって病気が軽いわけではなく、放置すれば悪化しますし、その状態で性行為などすると相手にうつすことになります。

淋病に感染したかもと思ったら

ご紹介したような症状が出ており、淋病に感染したかもしれないと思ったら病院を受診しましょう。
淋病での受診先は泌尿器科、性病科、女性なら婦人科なども利用できます。
こちらを利用すれば淋病の症状について相談できますし、検査もありますから、淋病かどうかしっかり調べられます。
もし感染が確かめられたら治療薬ももらえますから、気になる症状があれば病院を受診してください。